fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

井出 亮太 2020.11.02

自宅建築~生活を通して 天井高編

こんにちは。工事部の井出です。

そろそろ朝晩は寒くなってきましたね。

もうすぐ冬かぁ と思う今日この頃。

今年の冬は1歳になった息子が雪山デビュー

出来れば良いなぁと思っています。

去年の冬は里帰り出産だった奥さんと

息子がやっと我が家に帰ってきて

おととしの冬はやっと今の新居が完成して、

新生活が始まった頃。

 

そろそろ新居での生活も2年かと思うと

感慨深いものがあります。

(外構DIYは終わっていませんが)、

 

計画当時心配だった事や

自宅なので試してみたことも多々ありましたが、

2年過ごしてみて、感じたことを少しずつ

お伝えしていきたいなと思います。

 

今回は“天井高”について。

 

天井高といえば、

色々な意見が聞こえてきて、

大手ハウスメーカーさんは、

高い天井を売りにしている所もありますが、

一方で建築家の方々は、

天井を低く抑えて落ち着いた空間を、

と仰っています。

 

計画当初は、

私は天井高低くしてみようかな、

と軽い気持ちで思っていましたが、

北側斜線の関係もあり、

とにかく天井高(正確には階高ですが)を

下げる必要が出てきたため、

如何に低く抑えるかを必死で考えた記憶があります。

(この検討は次回のブログにてお話しさせて下さい)

 

私の家は、1階に寝室やWIC、

2階にLDK+水廻りの間取りになっています。

 

低くする必要が出てきてしまったため、

当初漠然と思っていた天井高よりは、

全体的に低くしたので、

完成するまで内心ドキドキしていました。

 

各所の天井高は

①玄関ホールは2100mm(土間部分は2280mm)

 

 

②寝室や水まわりは2200mm(寝室はDIYの珪藻土が手付かず…)

 

 

 

③LDKは勾配天井ですが、低い所は約2000mm、高い所で約3000mm

 

 

 

インナーバルコニーがLDKから1段上がって隣接しているのですが、

④低いところで約1800mm、高い所でも約2450mm、

 

 

 

私が奥の方で洗濯物を干すとこんな感じです

 

 

私が身長168cm、奥さんが153cmなので、

身長低めの夫婦という事もありますが、

圧迫感を感じる事もなく、快適に過ごしています。

 

実際、①②の高さは採用頂いている事例も

多くなってきていますし、

③も低いところは2000mmですが、

全体が勾配天井になっているので、

多くの方が落ち着けると思って頂けるのでは、

と思えます。

 

ただ④のインナーバルコニーは、もう少し

身長が高い方は窮屈に感じるかもしれません。

 

ちなみにLDKのエアコンは、

高さが2000mmの壁に取付けてありますので、

低い位置にあります。(前に立つと目線の先にあります)

 

 

ここも心配していましたが、

エアコンが人感センサーで風を避けてくれているせいか、

私達は気にすることなく、生活が出来ています。

 

生活導線と取付位置によっては

気になるケースもあるかと思いますので、

意外と注意が必要です。

 

続きは、また次回のブログでお話しさせて下さい。

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top