fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

井出 亮太 2020.12.14

自宅建築~生活を通して “建物の高さ”編

こんにちは、井出です。

混乱の2020年もあっという間に12月ですね。

ぐっと冷え込む日も増えてきて、

我が家の紅葉もやっと色付いてきました。

 

 

体調を崩しやすい時期になってきましたので、

皆様もお身体にお気を付けください。

 

さて今回は前回に引き続き

自宅建築を通して考えたことをお話しさせて頂きます。

 

今回は“建物の高さ”について。

 

我が家の敷地は、“第1種高度地区”に指定されており、

“北側斜線”により、建物の高さ制限が非常に厳しい敷地でした。

 

聞きなれない方が多いかと思いますが、

高度地区とは、建物の高さを制限している地区の事で、

北側斜線とは、北側の隣家の日当たりを遮らないように、

下図のこの範囲にしか建物を建ててはいけませんという規制です。

 

 

一般的な住宅を建てると、

この規制に掛かってしまう事がほとんどなので、

 

 

屋根組みを変形させる(母屋下がり)ことで、

対応する事が多いです。

 

 

ただ!!

私は

“子供でも絵に書きやすい、左右対称の

シンプルな軒のある三角屋根の家を建てたい!”

と常々思っていまして、

それを実現させるためにとにかく

“建物の高さを低くする”

ことにしました。

 

 

検証したことは大きく3つです。

①屋根勾配と軒の深さ

②各階の天井高と間取り

2階水まわりに伴う配管スペース(1階天井裏)

 

それぞれ詳しくお話しすると、

 

①屋根勾配と軒の深さ

簡単に言うと屋根を6寸勾配にすれば、

規制された空間をめいっぱいまで使えます。

 

 

ただイメージした三角屋根の家は

そんな尖がった屋根ではないので、

勾配を緩くしたい。

 

 

そうすると今度は、

軒が斜線に干渉し出しますので、

そこのバランスを何度も考え直しました。

 

最終的に

寸勾配の軒の出900mm

という事で落ち着きました。

 

 

②各階の天井高と間取り

天井高については、

前回のブログでご紹介させて頂きましたが、

とにかく、どこまで低さを許容できるか

を考えました。

 

2階は、めいっぱいまで高さを使えるように

全体を勾配天井にしてあるのですが、

天井高が高く取れるLDKを中心に据えて、

天井高が低くなる両端に低さが気になりづらい空間

(水まわりや階段、パントリー、バルコニー)を

配置してあります。

 

 

 

2階水まわりに伴う配管スペース(1階天井裏)

一般的に2階に水まわりを持っていくと、

1階の天井裏に配管スペースを大きく取る必要があります。

まず検討したのがユニットバスです。

商品によって床下の必要高さに違いがあり、

10㎝前後の差があります。

その中でも1必要高さが低かったものが

TOTOのサザナでしたので、

すぐにサザナに決定しました!

 

次に排水管のルートを考えていくと、

どうしても梁を小さくしたい箇所が出てきました。

梁を小さくするためには、

柱を増やす等の対応が必要になるので、

我が家は寝室の、ど真ん中に柱を2本建てる事にしました。

(将来、間仕切るならココ、という所にしました)

 

 

これらの検証を経て、

なんとか北側斜線の規制に掛かることなく

“子供でも書きやすいシンプルな三角屋根の家”

が出来たと思います!

 

 

 

もう少ししたら1歳の息子が

お絵かきの題材にしてくれないかなぁ

と、ひそかに楽しみにしています。

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top