fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

井出 亮太 2021.06.07

自宅建築~生活を通して 採光編

こんにちは、工事部の井出です。

 

そろそろ湿気と暑さと格闘する時期になってきましたね。

現場サイドは、気を引き締めていかなければいけません。

 

 

さて今の自宅での生活も2年が過ぎました。

 

計画当時心配だった事や

自宅なので試してみたことも多々ありましたが、

2年過ごしてみて、感じたことを少しずつ

お伝えしていきたいなと思います。

 

 

今回は“採光”のお話。

 

以前のブログ(2020.12.14)でお話しさせて頂きましたが、

我が家は北側斜線の関係もあり、建物の高さをグッと抑えています。

そこで心配だったのが“採光”です。

 

2階LDKなのですが、

高さを抑えると、窓と屋根が近づいてしまい、

更に軒を出すと必要以上に日射を遮ってしまう恐れがありました。

ダイニング南面の窓はこんな感じです。

実際、生活してみて、南面からの採光を考えると、

明るさとしては、少し物足りないと感じてしまいます。

 

対応策として、

リビングに面するインナーバルコニーに大きめのトップライトを計画しました。

私は個人的(現場監督的)にトップライトは雨漏りのリスクや、

どうしても夏の暑さへの心配があり、距離を取りたい存在ではあるのですが、

インナーバルコニーなら雨漏りも暑さも問題無いと思い、取り入れました(笑)

 

これが採光面での効果が抜群で、

トップライトとその反射光でリビング・ダイニング共に明るくしてくれています。

洗濯物がよく乾くのも良かったです。

(もちろん雨漏りは1度もありません!)

 

また逆に採光の中でも、遮っておきたい“西日”も心配のひとつでした。

 

というのもキッチンがある西面が、立地的に視界が開けているので、

引き違いの腰窓にしています。

最低限、採光と換気が出来る小さめの窓にしようかと悩んだのですが、

見晴らしを優先させました。

 

ちなみに、西日の対応策はありません(笑)

あまりにもつらかったら考えようと思い、

とりあえず窓装飾無しで生活を始めてみて、もう2年が経ちました。

 

写真だと分かりづらいかもしれませんが、しっかりと西日は差しています。

夕方、キッチンに立つと眩しさを感じるときもありますが、暑さはほとんど感じません。

樹脂サッシの性能が良いからなのか、結果的に全く気になっていません。

この窓から息子が通う保育園が少し見えるのもお気に入りのポイントです。

 

結果的に明るさに関しては満足しています!

(照明の明るさは物足りない部分がありましたので、

またの機会にお話しさせて下さい。笑)

 

採光に限らずですが、

自分が想像(設計)したものが、実際に生活して実感出来ることが、

非常に勉強になっています。

日々の生活で色々な視点を持つ事で、

自分の技術の幅を広げていきたいと思います!

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top