fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

井出 亮太 2021.07.19

テラスタイル

こんにちは、工事部の井出です。

 

 

そろそろ暑さが厳しくなってきました。

現場は熱中症対策が必須になってきましたので、

気を引き締めていきたいと思います。

 

 

さて今回は、少し前にお引き渡しさせて頂いた改装工事の、

タイル張りテラスのお話をさせて頂きます。

 

元々、既存のテラスがあったのですが、

今回の改装工事で、拡張して一面タイル張りのテラスにしました。

Before

 

After

 

腕利きの職人さん達のおかげで美しく納まりました!

ですが、改装工事ならではの難点が多々ありました。

 

 

あらためて着工前がこちら。

 

まず最初にタイルを剥がします。

既存の土台水切りが建物側に残っていますので、

現状と同じように水切りの下にタイルを差し込む必要があるため、

既存のタイルを剥がす必要がありました。

 

 

次に新しいテラスに合わせて下地の土間を拡張します。

既存の土間との肌別れを防ぐために、

鉄筋を刺してからコンクリートを打設します。

 

型枠を外すとこんな感じ。

 

この形を決めるのが、私の1番難しかった部分なのですが、

タイル職人の生形さんと細かく打合せして、土間下地の形状を決めました。

 

タイルの施工工程としては、

土間下地を造った後、タイルを張る段階でも下地調整をしていきます。

床面は“バサモルタル“という水分少なめのモルタルで、

立ち上がり面は薄くモルタルを塗って下地調整します。

これらのモルタルの厚みや、勾配等を考慮して

土間下地の形状を決めなければいけません。

 

よく見ると既存土間と拡張した土間の間にちょっとした段差がありました。

上記の下地調整がし易いように、ここも意図して段差を付けています。

 

下地が変なサイズになってしまうと、

この下地調整の手間が多く掛かってしまいますし、

タイルをキレイに割り付けられなくなってしまう恐れがあります。

施工後に生形さんから“張りやすかったよ!”と言ってもらえたので、

こっそりガッツポーズしました笑

 

無事に完成。素敵なテラスになりました!

 

 

S様、この度はありがとうございました。

今後とも末永いお付き合いをお願いします。

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top