fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

井出 亮太 2021.09.06

自宅建築~生活を通して 無垢フローリング編

こんにちは。工事部の井出です。

猛暑から急に雨続きで、

寒暖差に身体もビックリしています。

もう今年の暑さは落ち着くのか、

最近の天候だと、また急に

暑くなりそうで怖いですね。

 

さて、

今の自宅での生活も2年が過ぎました。

計画当時心配だった事や、

自宅なので試してみたことも

多々ありましたが、

2年過ごしてみて、

感じたことを少しずつ、

お伝えしていきたいなと思います。

 

今回は“無垢フローリング”のお話。

 

弊社では、無垢フローリングを

おススメさせて頂く事が多いです。

おススメさせて頂くのは、

桧が一番多いでしょうか。

次いでパインや杉、

さらにその他の材種を

お選び頂く事もあります。

 

個人的にオークが好きで、

オークを張りたいなぁと思いつつも、

何にしようか悩み続けた結果、

全部張ることにしました。笑

 

 

こちら寝室とWICの写真ですが、

右上から時計回りに、

桧・パイン・杉・オークです。

 

でもちゃんと、

メインとなるフローリングは決めて、

LDKや玄関ホールはオークを選びました。

 

 

オークをメインにしたのは、

もちろん好みもあるのですが、

水まわり(キッチン・洗面・トイレ)にも

そのまま使用したかったので、

オークの堅さと耐水性を見込んでの選定でした。

 

堅い木は、柔らかい木に比べて

足触りは劣ってしまいがちです。

そこは承知の上です。

 

実際に2年過ごしてみて、

キッチンや洗面、トイレの床は

目立ったシミもなく、

キレイに過ごせています。

 

 

 

それでも最初にお話ししたように、

4種類の無垢フローリングを

部分的に張り分けたのは、

やっぱりそれぞれの足触りを

体感したかったからです。

 

実際に体感してみると、

それぞれ確かに足触りの違いが

よく分かります。

 

 

桧は、やっぱり一番足触りが

気持ち良かった。

適度な柔らかさとサラッとしていて。

 

 

パインも桧同様に

柔らかくて気持ちいい、

桧がサラッとしているのに対して、

パインはしっとりしている

感じがしました。

 

これは表面の仕上がりの差も

あるかもしれません。

 

桧はカンナで超仕上げをしてあるので、

ツルっと仕上がっているのに対して、

パインは細かいヤスリで仕上げているような、

ほんの少しザラっとしているような

仕上がりになっています。

 

 

杉はやっぱり1番柔らかい!

個人的には足触り、

かなり好きです。

でも柔らかいため、

至る所がボコボコ凹んでいます。

 

 

さて、

メインのオークはと言いますと、

3種と比べると、

圧倒的に冷たいです(笑)

分かってはいましたが、

比べてみるとよく分かります!

 

私は、気にすることなく年中裸足ですが、

妻は、冬はスリッパを履きたそうです。

でも堅さと耐水性は期待通り、

水回りでも、気にする事なく

生活出来ています。

 

それに3種と比べたら

冷たいですけど、

十分気持ちいいですよ!(笑)

気に入っています!

 

そろそろ、

あとちょっとの外構DIYを

終えないとなぁ、と思う日々。

 

次回のブログでは、

外構DIYを終えたお話しが

出来るよう頑張ります。

それではまた。

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top