fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

井出 亮太 2016.04.26

キッチンカウンター

こんにちは。工事部の井出です。
春の陽気に垣間見える夏の気配。
今年もあっという間に夏が来そうですね!
これから着工の現場は熱中症対策もしていかねばと
気を引き締めております。

さて今回は、少し前にお引き渡しさせて頂きましたS様邸の
キッチンカウンターのお話をさせて頂きます。

キッチンカウンター1

キッチンカウンター2

既存のキッチンは部屋として仕切っておりましたが、
壁を抜いて開放的なキッチンカウンターになっております。

タイルは、平田タイルのメイプルブリック(グレー)。

カウンターにささっているダイニングテーブルは、
タモの無垢剥ぎ合わせです。

このキッチンカウンター。

施工的に非常に苦労しました。。。

まず現地は、マンション6階。
ダイニングテーブルのサイズは長い所で90cm巾の長さ3m20cm。
とてもとても搬入出来ません。

キッチンカウンター3

そこで!
通常、無垢板の剥ぎ合わせは工場でプレス機を使用して行いますが、

キッチンカウンター4 キッチンカウンター5

今回は現地で行う事にしました!
ここで分割して搬入。

キッチンカウンター6

Fクランプ等を駆使して剥ぎ合わせをします。

Fクランプとはこれです(イメージ写真ですみません)
キッチンカウンター7

 

なんとか無事に天板完成です!

キッチンカウンター8

納品してくれている家具業者さんとも話しておりましたが、
木目の感じも良く、かなりキレイに仕上がりました!

そしていよいよタイル張りです。

キッチンカウンター9
キッチンカウンター10

施工当時使用していた資料で見づらいかもしれませんが、
60mm巾のタイルが天板は2列と3列、
側面はテーブルより上が6段並び、目地が4mmになるように、
しっかりと下地を造っておりました。

しかし!入荷してきたタイルは63mm~64mm巾のものばかり!

輸入タイルは多少サイズにバラつきがあるものですが、
ここまでのサイズ違いは大打撃です。

予定していた目地がほぼなくなってしまいます。

急遽、大工さんに来てもらい、
ある面は壁を6mm大きくしてもらい、
ある面は4mm、ある面は3mm。

入荷したタイルに合わせて微調整を行いました。

このような細かい調整ですが、はっきりと仕上がりに影響が出てしまいます。
この調整の甲斐あって、なんとか無事に割り付けてタイルを張る事が出来ました。

キッチンカウンター11

キッチンカウンター12

キッチンカウンター13

納まりひとつ。まだまだ勉強することばかりです。
難しい事を簡単そうにやってのける監督目指して、
これからも日々精進して参ります!

井出

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top