新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

関嵜 秀和 2019.04.15

スリッパラックDIY 厚木リフォーム会社のスタッフDIY

皆様こんにちは、設計の関嵜です。

4月に入り、日中は春の温かさが感じられるようになり、

また今年は寒さが戻ったこともあり、桜も長く楽しめました。

過ごしやすい季節になり、お出掛けにはもってこいですね。

温かくはなりましたが、夜はまだまだ冷えますので

体調にも気を付けて下さいね。

 

さて今回は、パパっと出来るDIYとして、

スリッパラックを作成していきたいと思います。

いつものごとく、構造や形もいたってシンプルに!

を基本に、さっそく取り掛かります!

 

まずは、材料です。

材種はなんでも結構ですが

今回もホームセンターで手に入りやすいSPF材を使います。

木材を次のようにカットして使います。

1x4 (19㎜x89㎜ 長さ1820㎜)

1x6 (19㎜x140㎜ 長さ1820㎜)

厚み20㎜程度 巾90㎜程度と巾140㎜程度の材であれば、

どんな木材でも大丈夫です。

 

 

使う板は幅広の板材(板厚薄め)が、カットするのにも楽なので良いでしょう。

SPF材は、お値段も手頃なのでおすすめです。

 

 

それでは、この材料をカットします。

  1. 前板・後ろ板  厚19x高さ140 巾450 2枚
  2. 側 板     厚19x高さ140 巾90 2枚
  3. 底板      厚19x高さ90  巾412 1枚

 

 

つぎに、箱を組み立てていきます。

 

 

前板・後ろの板材にダボ穴をあけます(2枚とも)。

底板と前板、後ろ板材を 先ほど開けたダボ用の穴から

ビス(コースレッド45㎜又は55㎜程度)で留めていきます。

 

 

 

前板も後ろ板も底板に留めます。

 

 

次に

左右の側板材に、先にダボ穴をそれぞれ4箇所づつあけます。

 

 

 

穴を開けたら同じように、穴からビス(コースレッド)で留めていきます。

こんな感じです。

 

 

全箇所をビスで留めたら、各所の穴をダボ材(木材)にて塞いでいきます。

ダボ材を叩いて入れて、ノコギリで平にカットします。

 

 

 

 

全箇所の穴を同じように加工します。

単純作業ですが頑張ってやっていきましょう。

最後に全体をペーパーやすりで磨いて

 

 

 

完成です。

 

スリッパを入れた感じが

 

 

こんな感じです。

お好みで塗装などしても良いかもしれません。

 

この箱の形を応用して角材4本を付けると、

中に鉢を何個か入れてプランターカバーになります。

色々と変身できる、基本の箱の作り方です。

皆様もよかったら作ってみてください!!

 

関嵜

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top