fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

井出 亮太 2019.12.23

年末のお引渡し 世田谷区リフォーム工事

こんにちは。工事部の井出です。

あっ!という間に年末ですね。

例年、大掃除は12月にコツコツ進める派なのですが、

育休中の奥さんが子育ての合間に着々と進めてくれており、

頭が上がりません。

私の担当は全ての窓を掃除する事なので、頑張ります!

 

さて今回は先日、お引渡しさせて頂いたばかりのN様邸のお話。

 

こちらのご計画は、外部は塗替えがメインで最小限の窓交換。

内部は、ほぼスケルトン工事でガラッと変えていく内容です。

 

解体後はこんな状況。

 

 

この規模の内容になると、

事前の計画では想像出来ない・把握出来ない内容がある事が多く、

解体工事後は、確認・検証するものが大量に出ます。

 

スピードも大事。

 

腐食や雨漏り、構造補強方法、床のレベル等々、

新規計画にどんな影響があるのかを拾い出して、

設計担当とお客様と打合せをします。

 

解体工事後に考えていた事が想像通りに納まっていくのは、

やっぱり現場監督ならではであり、改装工事ならではの

楽しさだなーと思っています。

 

そうして納まっていった部分を少しご紹介させて頂きます。

 

まずは吹き抜けの梁組み。

 

補強・組み換えが必要な部分もありましたが、

既存の梁は磨いて、既存の火打ちはサッシに合わせて黒塗装。

新旧の梁が違和感なく納まっているかと思います。

吹き抜けまわりは腰壁沿いに回遊出来ます。

 

 

 

 

 

続いてタイルの割り付け。

 

見切りやカウンターの高さを微調整して割り付けがよくなるように。

 

 

 

トイレ手洗いは既存サッシの窓枠から4枚の割り付けになるよう、

手洗いカウンターの高さを調整しています。

 

 

階段まわりの細かい納めは苦労しました。

(工事中にご提案して丸棒の手すりを通すように

変更させて頂いたのですが、キレイにまとまりました)

 

 

 

 

既存の曲面壁に階段を差してあって、

巾木を薄くして曲げて取付けています。

 

 

 

最後に、再利用した雪見障子越しのウッドデッキとお庭。

 

 

N様、工事中は何度も現地に足を運んで頂き、ありがとうございました。

今後とも、末永いお付き合いをお願い致します。 

 

それでは皆様、良い年末年始をお過ごし下さい。

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top