fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

和田 幸子 2020.02.10

厚木のこんなところに・・・

こんにちは、和田です。

寒いですね。

室内にいるとポカポカ陽気でホッとするのに、

一歩外へ出ると肌に突き刺さるほどの寒さで

そのギャップにびっくりします。

今年はこのまま雪が降らずに終わってほしいものです。

 

さて、今回はだいぶ前に訪れたパン屋さんですが、

毎日通っている道路なのに、看板も確かにあるのに、

こんなところにこんなパン屋さん発見!

という気持ちにさせてくれるお店が、

飯山の尼寺工業団地の住宅街の一角にありました。

「ブーランジェリーペールシェールズ」

という赤い扉が目印の可愛らしいパン屋さんです。

 

 

看板も赤く、こちらを頼りにお店に向かいます。

 

 

店内は、扉を開けたらすぐに美味しそうなパンが並ぶカウンターです。

奥からも香ばしくて甘い香りが漂ってきて、食欲をそそります。

聞くところによると、硬めのハード系のパンが多いそうです。

人気があるようで、昼過ぎに行った時には結構数が少なめでしたが、

確かに本格派のこだわりのある美味しいパン屋さんでした。

 

 

店内の冷蔵庫には、ジュースや牛乳があるのですが、

その牛乳の産地である牧場の貼紙が貼られていて、

お店の方に伺ってみると

「及川方面の田んぼの中に牧場があるんですよ、小鮎川の手前の」

とのこと。

そんなところに牧場なんてあったっけ??

という興味本位からその足で行ってみることに。

 

ですが、「確かめたい!」という好奇心から見切り発車ででたものの、

一向に牧場らしきものは見当たりません。

飯山の田んぼの中をひたすらぐるぐる回っていると、

畑仕事の合間に畦道でお茶をしているおばちゃん達を発見。

おばちゃんに聞くと、

「この奥のガードレールを上っていくとあるよ!」

と教えてくれました。

よかった、、

本当に実在するんだ!

と胸をなでおろし言われたまま進むと、

本当に小鮎川沿いに小さな牧場がありました。

 

 

とても手作り感のある小さくて素朴な牧場で、

飯山の田んぼの景色にうまいこと溶け込んでいました。

奥に入っていくと、茶色い牛や羊、やぎが穏やかに佇んでいます。

 

 

小学校に上がるか上がらないかくらいの小さな女の子が、

手慣れた様子で動物に草をあげていました。

話しかけてみたら、どうやらここの牧場のオーナーの

お子さんやそのお友達のようで「草をあげていいよ」と言われ、

見様見真似で女の子と同じ草を同じように与えてみます。

 

 

 

すると食欲旺盛な1匹の牛が、

ものすごい勢いで草に食らいついてきます。

隣にいるちょっと腰が引けちゃっている牛が気の毒なほど(笑)

写真に写っている方が、後者の腰が引けてる牛です。

やっとこさ、草にありつけました。

どうやらこの牛たちがパン屋さんにあった

牛乳の生産者さんのようです。

 

 

さらに奥に行くとヤギの小屋があり、

そこに小さくて元気に動き回っている可愛い子ヤギが。

本当にすばしっこいので、写真を撮るのも一苦労です。

アットホームな雰囲気で、

自由気ままで穏やかな時間を過ごすことができました。

 

このストレスフリーな環境が美味しい牛乳を作っているんだろう、

と牧場に行ってみてより一層感じることができました。

いつも何気なく通り過ぎている景色の中に、

思いもよらない発見と出会いがありました。

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top