fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

2019.12.02

石膏ボード張り 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

今回は、大工工事の石膏ボード張りの様子をお伝えします。

 

石膏ボード張りに先立ち、サッシ周りに窓枠を取り付けます。

この現場では無垢の窓枠材を使用しており、現しの梁や

珪藻土などの自然素材とも相性の良い仕様となっております。

 

 

 

その後、外周部の壁に石膏ボードを張っていきます。

リフォームの場合、既存の梁や柱を利用しているので、

実は石膏ボードを張ることは容易ではありません。

既存の梁と柱が反ったりねじれたりして下地が平らではない箇所が多く、

ベニアなどのパッキン材を使用して厚みを調整しながら、

石膏ボードを張るので、とても手間と時間が掛かります。

 

 

上の写真のように、柱頭側と柱脚側とのパッキン材の厚みを

変える必要がある箇所もあります。

柱頭側は厚みがあり、柱脚にいくにつれてだんだん薄くなるように

カンナ削ったり、厚みの違うパッキン材で調整しています。

 

2階は建具の枠や間仕切り壁を施工して、内壁の石膏ボードも張りました。

石膏ボードが張られて、家の間取りが分かるようになりました。

 

 

 

今後は1階の外周部の石膏ボード張りや

建具枠の取り付けを行っていく予定です。

その様子もお伝えしていきます。

 

次回は、外壁の左官工事の上塗りの様子をお伝えします。

page top

page top

page top