fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

現場レポート

2019.09.16

床下地工事 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

 

今回は、前回の現場レポートでもお伝えした

床の下地材組みについてお伝え致します。

床下地は大引き、ネダ、鋼製束、断熱材、捨て張りベニアの5つで構成されています。

 

 

根太はフローリングの張り方向と直行に組んでいきます。

フローリングの張り方向が切り替わるところはネダの方向が変わっています。

 

 

床下地を組み終えると、床下断熱材の充填です。

隙間なく敷き詰めることが大切です。

 

 

 

その後、捨て張りベニアを張って、床の下地が完成です。

 

 

こちらは、キッチンに床暖房を設置する計画で、

設置する範囲には12mmの厚さの器材が施工されるため、

床下地の高さを12mm下げて、フローリングを張って

仕上がると段差がなくなるようにしています。

 

 

その他、この建物は玄関の框が曲線になっている為、

下地も曲線に造っています。

 

 

 

玄関框を曲線に仕上げることは簡単ではありません。

大工さんと工事が始まる前から何度も打合せをして下地を造っています。

今後、その曲線の框やフローリングが張られた様子もお伝えていきます。

 

次回は、玄関の土間コンクリート打ちの様子をお伝え致します。

2019.09.09

給排水工事・床下地工事 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

今回は、設備業者の内部配管と1階の床組みの様子をお伝えいたします。

 

内部配管は、給水・給湯管と排水管を床下の空間に施工していきます。

給水は青い管、給湯は赤やオレンジの管を使用することが多いです。

 

給水給湯管

 

給水は、水道メーターから宅内に配管を通し、

そこからヘッダーと呼ばれる分岐部材で、

トイレや洗面所等の各設備品に繋げます。

給湯は、給水が給湯器に行き、お湯になって

宅内に入ってヘッダーで分岐をしていきます。

 

ヘッダー

 

排水管は既存の基礎を傷めないように

元々貫通していた部分を切り回して配管します。

各設備品から水が流れるように勾配をとり、

宅外に繋がる出口に向かって配管をしていきます。

 

排水管貫通部

 

排水管

 

2階の設備の排水管は1階の壁内を通る為、出来るだけ

流水音が壁内に響かないように遮音材を巻いています。

 

 

また、内部配管と並行して1階の床下地組みも進めています。

 

奥の部屋から床下地となる大引、

ネダと呼ばれる木材を取り付けていきます。

 

 

 

今後も引き続き1階の床下地組みと

断熱材の充填を行っていく予定です。

次回はその様子を詳しくお伝えしていきます。

2019.09.02

外壁工事 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

今回は、防水紙張りと外壁モルタルの下地について

お伝え致します。

 

まずは防水紙張りです。

 

防水紙は、下の層から順番に重ねながら張っていきますが、

この建物は、外部の土間コンクリートが外壁下地に近い為、

最下部層は、より耐久性能の高い防水紙の

アスファルトルーフィングを使用しています。

 

 

また、前回の現場レポートでお伝えした

サッシ下に挟み込んだ防水紙にも、

下の層の防水紙を差し込んでいきます。

 

 

そして、バルコニーの手摺り壁にも防水紙を張りました。

 

 

防水紙張りが終わると、

外壁の仕上げがモルタルの場合、

ラス板と呼ばれる木材を打ち付けます。

モルタルが仕上がってからのクラック(亀裂)が

起きにくくするために、ラス板を5・6枚くらいずつ

交互に継ぎ目を変えて施工しています。

 

 

ラス板が取り付けられ、外部の印象が大分変りました。

 

次工程では、

この下地の上に左官業者がモルタルを塗っていきます。

その様子も今後お伝え致します。

 

 

 

次回は、設備業者の内部配管と

一階の床組みの様子をお伝えいたします。

2019.08.26

サッシ取り付け工事 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

今回は、サッシ取り付けの様子をお伝え致します。

サッシは取り付ける前に、

窓台・まぐさと呼ばれる開口の下地を造ります。

 

 

そして、造った窓台の上まで外壁の防水紙を巻き込んで張り、

サッシ周りから壁内へ雨水が侵入しないように納めます。

 

 

バルコニーの防水と接するサッシは、

前回の現場レポートでご紹介したように、

FRP防水を巻き込むように施工してから、

シーリングを併用しながらサッシを取り付けます。

どちらも、躯体を雨水から守る防水層が下にある状態で

サッシを取り付けるということです。

 

 

 

今回は、30カ所くらいサッシの取り付けを行いました。

 

 

 

サッシの取り付けが終わり、今後は防水紙張りや

外壁モルタルの下地取り付けを行っていきます。

次回はその様子をお伝え致します。

2019.08.19

防水工事 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは、平です。

今回はバルコニーの防水工事についてお伝え致します。

この建物では、FRP防水という工法が採用されています。

FRP防水は、ガラス繊維などで補強されたプラスチック

(FRP(Fiberglass Reinforced Plastics))を使用した防水で、

強度・耐水性が優れていることから、このFRPという素材は

船舶やバスタブ等に幅広く使用されています。

 

そのFRP防水を大工さんが取り付けた、

ケイカル板の上に施工していきます。

まずは、ケイカル板を研磨して出来るだけ凸凹を無くします。

その上にプライマーと呼ばせるFRPとの接着を良くする材料を

塗布し、FRPを施工していきます。

 

 

 

また、漏水の懸念が大きいバルコニーに面している

サッシを取り付ける箇所は、

下地である窓台までFRP防水を巻き込むように施工します。

 

その上に紫外線劣化を防ぐ為のトップコートを塗布します。

 

 

 

バルコニーの防水が終わり、

今までバルコニーに掛けていた仮屋根を撤去しました。

 

 

 

次回は、サッシ付けの様子をお伝え致します。

2019.08.05

バルコニー大工工事 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

前回の現場レポートでお伝えした2階の床組みは、殆ど終わりました。

 

 

 

今回は、バルコニーの下地造りの続きをお伝えします。

以前の現場レポートでバルコニーの下地造りをお伝えしましたが、

木造部分と鉄骨造部分の繋ぎ目について、今回は詳しくお伝えします。

 

この建物の躯体は木造と鉄骨造で、

それぞれの躯体が強固に接合されてなく、

地震時などでは別々の動きをする構造となっていました。

この場合、躯体が別々の動きをしても防水層に

被害が無いように下地を造る必要があります。

 

 

木造、鉄骨造の繋ぎ目で立ち上がりを造り隙間を設けます。

 

 

隙間を開けることで、それぞれが別の動きをしても

対応できるようにしています。

この隙間からの雨水等の侵入を防ぐ為、

今後の防水工事でシート状の防水材で被せていく予定です。

その様子も今後お伝え致します。

 

その後、

バルコニーの床と立ち上がりにケイカル板を貼り、

防水の下地を造ります。

 

 

 

 

今後、もう半分のケイカル板を敷いていきます。

次回は、バルコニーの防水工事についてお伝え致します。

2019.07.29

2階床組み工事 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

今回は、2階の床組みについてお伝え致します。

2階の床を組む際に、まず検討するのは床のレベル(高さ)です。

 

こちらの工事では少し形状を変えますが、

既存の階段を再利用します。

 

既存で残っている床もなく、

サッシとの取り合いも問題がなさそうであった為、

階段の登りきりの高さを2階の床のレベルにしました。

 

次に、そのレベルにフローリングが合うように計算して、

床の下地材(根太)を組んでいきます。

 

 

根太が梁をまたぐような形になる為、

梁に根太掛けという桟木を水平に打ち付け、

それに乗るように根太を固定していきます。

 

その為、床鳴り防止の為に専用の接着材も併用して取り付けます、

 

 

その根太の上にベニアを敷きつめて釘打ちすると、

フローリングの下地が出来上がります。

 

 

 

まだ半分ほどですが、2階の床が大分形づいてきました。

全ての床組みが終わった様子も、今後お伝え致します。

 

次回は、引き続き2階の床組みの様子と

バルコニーのケイカル板貼りについてお伝え致します。

2019.07.22

構造補強工事 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

引き続き、構造補強についてお伝えします。

 

梁や柱・筋違いの取付けが終わり、金物の取付けを行いました。

 

当社では既存・新規共に、原則すべての柱の柱頭・柱脚に金物を取付けます。

取り付け位置の梁や土台に合わせて金物を選定し、

より強固にする方法を一本一本考えて施工します。

 

 

また筋違いが取付けてある柱は、

引抜き力(柱が抜けようとする力)が大きく掛かる為、

その柱頭・柱脚には、より強い引抜き力に適合する金物を取付けます。

 

 

 

その後、当社の技術責任者の検査を受け、建物全体を見て、

土台や梁同士の力が掛かる所に金物を足す等の施工も行いました。

 

検査に合格して、金物の取付けが完了したので、2階の床組みに取り掛かります。

 

 

次回はその2階の床組みの様子をお伝えいたします。

2019.07.15

構造補強工事 小田原市IS様艇改装工事

こんにちは。工事部の平です。

前回の現場レポートに引き続き、構造補強についてお伝えします。

 

まず、既存維持の階段に接している柱の補強についてご説明します。

 

階段を支えている柱の一本が腐食をしていました。

その柱を交換してしまうと階段自体を傷つけてしまう可能性が高い為、

その柱を残して、隣りに新規の柱を立てて支えるという工法を採用しました。

ボルトで柱同士を留めることで、腐食している柱が支えている荷重を

一緒に支える役割があります。

 

 

梁、柱の構造補強を終えると、次は筋違いについて検証します。

当社の設計担当が既存の筋違いの位置や本数をチェックして、

構造計算を行います。

計算して足りないところに新規筋違いを取り付け、

必要な耐力壁を増やします。

 

 

 

さらに柱と筋違いは金物で固定します。

新規筋違いはもちろん、既存の筋違いにも金物を取付けます

 

 

 

今後も引き続き、構造補強用の金物付けを進めつつ、

2階の床組みを行います。

次回はその様子をお伝えいたします。

2019.07.08

構造補強工事 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

前回の現場レポートでお伝えした

バルコニーの床のベニア張りが終わりました。

 

ケイカル板は、防水工事を行う前に張る予定です。

ケイカル板が張られた様子も今後お伝えします。

 

 

 

今回は、構造補強工事についてお伝えします。

 

バルコニーの床工事を行う前にも、

腐食部分の構造補強についてお伝えしましたが、

その他にも間取りの変更に伴い、

柱を取って開口を広げたり、化粧柱に入れ替える

などの構造補強を行っています。

 

構造補強の流れとしては、

① 解体後に現地で当社技術責任者と、梁の掛かり方や

2階の柱や屋根からの荷重などを検討して、梁の大きさや、

金物の固定の仕方などの補強方法を決めます。

通常は一度の解体検証で終わるのですが、

今回は建物が大きい為、現地で何度も打合せをしました。

 

②必要な材料(柱・梁)を手配して、以前の現場レポートでも

出てきたサポートを使いながら、大工さんが柱・梁を

加工して設置していきます。

 

③指定した金物で、柱や梁をガッチリ固定します。

 

いくつか補強を行ったところをご紹介いたします。

 

 

 

梁を支えている柱を取り外し、梁の下に梁を重ねて

2階の荷重を支えています。

 

引き続き、構造補強の筋違いや金物付けを行っていきますので、

次回はその様子をお伝えしていきます。

page top

page top

page top