fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

現場レポート

2022.05.16

木工事 ~平塚市ST様邸新築工事~

大工さんが階段の設置を

行いました。

ST様邸の階段は、

LDKの一角に設置される

ストリップ階段です。

 

ササラ桁

 

 

階段

 

 

化粧柱を立て、

踊場を設置し、

ササラ桁を固定し、

段板を入れて行きます。

 

その後、

手摺を設置を進めて行きます。

 

 

 

 

階段手摺は2階ホールの手摺に

繋がって行きます。

 

 

 

 

LDKから2階ホールへと

吹抜けで繋がった空間に、

ストリップ階段の設置が

完了しました。

すごい開放的な空間が

出来上がりました。

 

その他、

トイレの固定棚の設置。

 

トイレ棚

 

 

キッチンの固定棚の設置。

 

キッチン固定棚

 

 

書斎カウンターの設置。

 

書斎カウンター

 

 

最後に、

可動棚用の棚柱、

WICのハンガーパイプの取付を行い、

大工工事が全て完了となりました。

 

棚柱

 

 

ハンガーパイプ

 

 

可動棚は家具業者が作成し、

後日設置します。

 

外部ではそとん壁の仕上げ塗りを行いました。

 

 

 

来週からは、いよいよ内部の

仕上げ工事が始まります。

 

次回は、

キッチンの設置、

外部完成の様子をお伝えします。

2022.05.09

木工事 ~平塚市ST様邸新築工事~

大工さんが建具枠の設置を行いました。

 

 

建具枠は、窓枠と同様に

スプルスの無垢材を使用しております。

また、壁掛けテレビ用の下地や

ハンガーパイプ用の下地入れを

行いました。

 

TV下地

 

ハンガーパイプ下地

 

これで、壁の石膏ボード張りの

準備が整いました。

 

その後、壁の石膏ボード張りを

進めております。

 

 

 

玄関ホールの収納スペースの

作成も行いました。

 

 

 

外部では、

そとん壁の下塗りの乾燥中に、

軒裏の塗装を行いました。

 

 

 

サッシ上、

庇の軒裏も塗装完了です。

 

 

次回は、階段の設置、

大工工事完了の様子をお伝えします。

2022.04.25

木工事 ~平塚市ST様邸新築工事~

大工さんが窓枠の取付を行いました。

 

 

窓枠にはスプルスの無垢材を

使用しております。

そして、

窓枠と窓台・まぐさの隙間には、

断熱材を詰めて、

防湿テープを貼り、

しっかり断熱と気密を

保っております。

 

 

LDKにはサッシが入隅で

繋がった部分があります。

 

 

 

入隅の柱の様に見える部分ですが、

スプルスの窓枠が合体して

納まっております。

 

 

ピッタリとてもキレイに

納まっておりますが、

施工は簡単ではありません。

大工さんの腕の見せ所です!

 

外部ではそとん壁の施工が始まりました。

大工さんが張った、ラス板にもう一度、

透湿防水シートを張り、

そとん壁を絡める為のラス網を

張って行きます。

 

 

 

その後、

そとん壁の下塗りを行います。

 

 

 

しっかり乾燥させた後、

そとん壁の上塗りを行います。

 

次回は、

壁の石膏ボード張りの様子を

お伝えします。

2022.04.18

木工事 ~平塚市ST様邸新築工事~

天井の石膏ボード張りを行いました。

 

 

 

玄関ホールの天井仕上げは、

羽目板張りです。

 

 

 

石膏ボードを張った後、

羽目板張りも行いました。

 

次は、2階より床板張りを

進めて行きます。

 

 

2階の床板はパインの無垢材です。

無垢材は、節の様子など、

全体のバランスを確認する為、

割付を考えながら、

張り進めて行きます。

 

 

1階の床板はヒノキの無垢材です。

 

 

 

玄関框との取合いも

キレイに納まりました。

 

 

床を張り終わった所は、

傷をつけない様に床養生を行います。

最初に部屋の外周部分に

マスキングテープを貼ります。

 

 

次に床男ボード

(段ボールを圧縮したボード)を

並べて行きます。

 

 

その上にロール養生材を敷き

養生テープを貼って固定します。

 

 

これが優建築工房の

床養生のルールです。

無垢の床板に貼る

マスキングテープは、

ある程度の接着力があり、

テープを剝す時に、

一緒に木目を剥す事無く、

さらに糊残りの少ない物を

探しました。

 

ロール養生は、

掃除がし易い様に、

表面がビニールの物を

使っております。

 

次回は、

窓枠・建具枠取付の様子、

そとん壁下塗りの様子を

お伝えします。

2022.04.11

木工事 ~平塚市ST様邸新築工事~

大工工事を進めております。

天井裏に防火の為の

石膏ボード貼りを行いました。

 

 

 

その後、

天井の下地組みを進めました。

 

 

 

ロールスクリーン取付部分には、

天井の下地組みに、

ロールスクリーン用の下地を

プラスしました。

 

2階の天井下地の上には、

天井断熱材を充填しました。

 

 

 

後々、ダウンライトを取付する部分の

天井下地は、前もって欠き取っておきます。

 

 

外部では、

軒裏の防火板貼りを進めました。

玄関ポーチの軒天は、

レッドシダーの羽目板仕上げです。

 

 

防火板に羽目板を貼り足しました。

 

その他、

ユニットバスの設置を行っております。

 

 

 

次回は、

床板貼りの様子、

天井の石膏ボード貼りの様子

をお伝えします。

2022.04.04

木工事 ~平塚市ST様邸新築工事~

大工工事を進めております。

外部のそとん壁の下地となる

ラス板張りを進めております。

 

 

 

GLから1mの高さまでは、

柱や筋違などと同様に、

ラス板にも、防蟻処理をします。

 

 

内部では、

1階の床下地合板張りを

行いました。

 

床下地合板貼り

 

足元が安全になったので、

内部の電気配線工事を進めました。

 

電気配線BOX

 

スイッチやコンセントを設置する所に

配線BOXを設置します。

 

電気配線 照明

 

 

天井裏には、

ダウンライト用の配線が

丸められて行きます。

 

電気配線 分電盤

 

分電盤を設置する所には、

建物全体から電気配線が

集まって来ます。

 

電気配線が終わると、

大工さんが壁断熱材の

充填を行いました。

 

壁断熱材充填

 

 

次回は、

天井下地、天井断熱材充填と

ユニットバス設置の様子を

お伝えします。

2022.03.28

木工事 ~平塚市ST様邸新築工事~

大工工事を進めております。

サッシの取付、

防蟻処理が完了しましたので、

外部の透湿防水シート張りを行いました。

 

透湿防水シート(外部より)

 

透湿防水シート(内部より)

 

これで、雨の侵入の心配が無くなりました。

内部にて、床断熱材の充填を行いました。

 

 

床断熱材充填

 

その他、床下の電気配線や

給排水配管工事を行いました。

 

 

床下配管・床下配管配線

 

その後、

2階への内部配管も行っております。

 

内部配管

 

社内の木軸検査、

瑕疵保険の躯体検査にも

合格しました。

 

躯体検査

 

これからは、内部と外部を

並行して進めて行きます。

 

次回は、

外部ラス板張りの様子、

内部断熱材充填の様子を

お伝えします。

2022.03.21

木工事 ~平塚市ST様邸新築工事~

大工工事を進めております。

構造金物の取付が完了しました。

次は、

サッシを取付する為の下地組み、

窓台・窓まぐさの設置を進めて行きます。

 

窓台・まぐさ

 

窓台に雨水の侵入防止の

水切りシート張りと、

防水テープ張りを行い、

サッシの取付を行いました。

 

 

 

また、土台や柱への防蟻処理が

完了しました。

 

 

屋根では板金屋さんが

ガルバリウム鋼板の屋根を

葺きました。

 

 

 

棟違い部分は、

雨漏り防止の為、

アスファルトルーフィングを

軒裏にしっかりと巻き返して

納めております。

 

棟違い納まり

 

 

次回は、

外部防水シート張りの様子

給排水の内部配管の様子を

お伝えします。

2022.03.14

木工事 ~平塚市ST様邸新築工事~

大工工事を進めております。

筋違と間柱の設置を行いました。

 

 

その後、筋違金物や構造金物の取付を

進めて行きます。

 

筋違金物は、大きな地震で筋違自体が

外れてしまう事を防ぐ為の金物です。

 

シナーコーナー

 

シナーコーナー

 

 

 

ホールダウン

 

ホールダウン

 

シナーコーナーやホールダウンは、

大きな地震の時に柱と梁が

外れないように固定する為の金物です。

 

また、板金屋さんが建方で張った

屋根の野地ベニヤに、

アスファルトルーフィングを張りました。

 

アスファルトルーフィング

 

アスファルトルーフィング

 

 

これで雨が降っても屋根からの

雨水の侵入の心配が無くなりました。

 

次回は、

サッシ取付の様子・屋根工事の様子を

お伝えします。

2022.03.07

木工事 ~平塚市ST様邸新築工事~

いよいよ大工工事が始まりました。

 

土台敷き

 

出来上がった基礎の上に、

土台を敷き込みます。

 

その後、外部に先行足場の

設置を行いました。

 

先行足場

 

これで、建方の準備が整いました。

 

次はいよいよ建方を行います。

今回はレッカー車を

駐車するスペースが無いので、

荷上げ屋さんが3名、

大工さんが6名、総勢9名にて

建方を進めました。

 

1階柱

 

 

最初の梁

 

 

2階床組み

 

 

1時間程で、2階の床組みまで組み上がりました。

 

建ちの確認

 

建物が、ちゃんと垂直になっているか、

風防下げ振りを使って確認して行きます。

 

2階床ベニヤ張り

 

 

2階柱

 

続いて、

2階にも柱を立てて、

小屋梁を入れます。

 

その後、

屋根組みを進めて行きます。

 

小屋束

 

 

母屋

 

 

垂木

 

 

野地

 

無事、目標の野地ベニヤまで

張り上がりました。

 

上棟完了

 

 

幣串

 

事故なく建方が終わり

ホッとしました。

 

次回は、筋違設置や構造金物取付の

様子をお伝えさせて頂きます。

page top

page top

page top