fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

現場レポート

2021.04.19

仕上げ工事「左官工事編」相模原市IN様邸改装工事

こんにちは。工事部の辺土です。

今回は仕上げ工事の左官工事の様子をお伝え致します。

 

内部の左官仕上げ工事は、

クロス仕上げ終了後に行います。

工程はクロス工事と似ています。

 

 

 

まず下地のボードとボードが動いた際に、

左官仕上げにひび割れが発生するのを

少しでも防ぐために繊維質のテープを張ります。

 

 

 

繊維質のテープの上から下塗りしていきます。

ここまでで作業を中断し、一度乾燥させます。

そうすることで、仕上がり後のひび割れの

軽減につながります。

 

 

次の日に仕上げます。

 

仕上げ材は珪藻土を使用しました。

使用している珪藻土は吸放湿性に優れていて、

屋内の使用に適している材料です。

 

採用の際に気を付けなければいけないのは、

調湿効果が優れているということは、

湿気を吸ったら、吐き出さないと

カビが発生してしまうという点です。

 

梅雨の季節など、室内の湿気を吸収し、

珪藻土の湿度が高くなってしまいますが、

晴れた日などには窓を開けて風通しを良くして、

珪藻土を乾かすということをして頂くだけで

カビの発生は防げます。

 

 

 

 

仕上げていきます。

照明や太陽が当たると柄が浮かぶ程度に、

うっすらとパターンを付けています。

塗ったばかりだとモスグリーンのような

色になっています。

 

 

 

乾燥途中です。

塗ったあと乾燥の為に、窓を開けるなどして

乾かさないとカビてしまいます。

 

 

 

綺麗に仕上がりました。

 

完全に乾燥するとベージュ色のような色になります。

太陽の光と照明の光とでは、

パターンの見え方が変わってきます。

左官仕上げという手仕事の面白い所です。

 

次回はタイル工事についてお伝えします。

2021.04.12

仕上げ工事「クロス編」 相模原市IN様邸改装工事

こんにちは。工事部の辺土です。

 

今回は仕上げ工事のクロス工事の様子をお伝え致します。

 

クロスを綺麗に仕上げるには、

まずは大工さんのボード張りが綺麗に

仕上がっていることが大前提となります。

 

 

前回ご紹介したボード張りの状況です。

 

ボード張りが綺麗に仕上がっているので

次のクロス工事の下処理もスムーズに進んでいきます。

 

 

パテ処理後の様子です。

 

この作業を行うことで、

ボード同士の目地を埋めていき

クロスを張った後仕上がりに凹凸が

出ないようにする為に重要な作業になります。

 

この作業が平滑に仕上がっていないと

クロスが張りあがった後、

一目瞭然で凹凸が出てきてしまいます。

 

 

 

 

パテ処理を全体に進めていきます。

 

この作業が3日前後で壁も天井も終わってしまいます。

 

 

 

その後、天井から張り進めていきます。

 

パテとボード部分に凹凸が無いのが分かると思います。

張り始めると、一気に作業が進んでいきます。

 

 

 

 

綺麗に仕上がりました。

 

要所にアクセントクロスもあって、

印象的な仕上がりになりました。

 

同時に、

目に見える綺麗な仕上がりになるまでの下処理が

いかに大切かということも伝わると幸いです。

 

次回は左官仕上げの様子をお伝え致します。

2021.04.05

木工事「ボード張工事編」相模原市IN様邸改装工事

こんにちは。工事部の辺土です。

今回は木工事のボード張工事の様子をお伝え致します。

 

大工さんの作業の中で色々な下準備が完了し

最後に行うボード張は、

単調な作業でもあり、重労働でもあり、

その後に行う仕上げ工事に、

大きな影響を及ぼす重要な工事となります。

 

 

壁のボード張完了時の写真です。

専用ビスが均等な間隔で留められています。

ボードはかなり重たく、壁に使用している

910×2420 12.5mm厚の物で1枚が約18kg

 

天井は910×1820 9.5mm厚の物で

1枚が約11kgもあります。

そして十分な硬さがあります。

 

しかし写真の様に綺麗な間隔で固定しておらず、

間隔が広くなるとボードが下地から

わずかに浮いてしまい、

仕上げの壁紙などのひび割れを誘発する

原因になります。

 

 

写真の様に約150ピッチで外周部は留められており

全体的に均等に施工されています。

 

これを仮に延床30坪の建物なら、

天井だけでも約60枚近く張っていきます。

 

 

ボードとボードの間の白くなっている部分、

分かりますでしょうか?

 

これはボードを必要な大きさに切った後、

わざとボードの小口を斜めに削り落としています。

 

この後に行なう、内装工事の下地処理を

綺麗に仕上げる為です。

 

また、天井を張るときは

 

 

継ぎ目が同じ位置にならないよう、

赤い線の様に1枚1枚ズラしながら張っていきます。

 

これも同じ位置で継ぎ目が揃ってしまうと、

ボードを留めている木下地の伸縮、

地震など何らかの力が働いたときに、

仕上げ材に一直線にひび割れが入ってしまいます。

それを防ぐために1枚ずつズラして張っていきます。

 

以上の事を全て考慮して全体にボード張作業を行います。

 

 

 

 

大工さんだけで家は完成しませんが、

大工さんのボード張までの作業が、

その後の仕上げ工事の仕上がりの綺麗さ、

綺麗なままでいる期間の長さに、

大きく影響します。

 

ここまでで木工事は完了となります。

 

次回も内装工事についてお伝えしていきます。

2021.03.29

木工事「造作工事編」 相模原市IN様邸改装工事

こんにちは。工事部の辺土です。

今回は木工事の造作工事の様子をお伝え致します。

 

弊社では各社メーカーが作っている

家具や建具も採用いたしますが、要所で

大工さん、建具屋さん、家具屋さんが、

その物件に合わせた大きさやデザインで

造作成することがよくあります。

 

今回は、大工さんの造作工事にスポットを当てます。

 

 

↑写真の板は上吊り引き戸の上枠となります。

材料屋さんで希望の大きさにカットして

ある程度の長さの溝を彫りこんだ物を

搬入してもらいます。

それから大工さんが大きさを整え、溝の長さを整え、

現場の取り付ける位置の形にカットします。

こちらの材質はスプルス材を使用しています。

 

 

 

加工してから搬入する際に少し傷が付いていたり、

材料の反りが出ている箇所を微調整します。

 

 

設置した様子です。

柱や間柱の部分は欠き取り、

建具の重さに負けないよう、

しっかりと下地材に取り付けてあります。

 

 

リビング側から見ると特に目立つこともなく、

ただただ建具の枠が付いているだけですが、

取り付くまでを見ていくと

色々な過程を踏んで設置されています。

 

中には、

 

 

細い割れ目が入ってしまっている材料が

入ってきてしまう事もあります。

大工さんが責任を持って工事をしているので

見逃さずに助けて頂くことも多いです。

その際には交換した材料を取り付けていきます。

もちろん割れていた材料も、

割れているのは一部分ですので、

他で使用出来るところで使用します。

 

こちらの工事では、本棚や、収納など、

大工さんの作業するものが何か所かありました。

 

 

 

 

 

お店で買う家具では味わえない、

その家の為だけに誂えた

特別な家具が出来あがりました。

 

また、造り付けの家具は地震対策面から見ても

転倒の心配もなく安全で安心なものとなります。

 

次回も木工事についてお伝えしていきます。

2021.03.22

木工事「天井下地&床仕上げ」 相模原市IN様邸改装工事

こんにちは。工事部の辺土です。

 

今回は、

木工事の天井下地、

床仕上げ工事の様子をお伝え致します。

 

まず天井下地についてです。

天井下地を組む前に、

外周部の梁から天井仕上げ面まで

耐火ボードを張り下げます。

 

 

屋内で火災が発生したときに、

構造材に火がまわりづらくするための

ファイヤーストップと言うものを

張っていきます。

 

 

 

その後、天井下地の骨組みを組んで行きますが、

赤丸の部分に下地を入れています。

 

 

これは柱と間柱、間柱と間柱の間が広く空いてしまうので

耐火ボードを留めるための下地として入れています。

各部屋の壁と天井の間には全て入れています。

 

 

 

綺麗に組まれています。

 

弊社では、着工前に照明器具など、

何をどこに使うかを決めて頂いてから

工事を始めています。

 

着工前に決めて頂くことにより、

ダウンライトなどの設置個所の開口補強が

確実に行えます。

 

 

赤丸部分にダウンライトが付きます。

 

大工さんにとってはひと手間ですが、

電気屋さんは天井ボードに穴を開けるだけで

照明器具の取付け作業がスムーズに進みますので、

下地の段階での準備が本当に大事になります。

 

次は床仕上げを張っていきます。

 

 

 

1階はヒノキ、階はパインの無垢材で仕上げています。

 

張り進める際、仕上げ材の上に立ちながら留めていきます。

無垢材はどうしても反っているので体重を掛けて、

床下地に密着させて留めていきます。

 

 

 

張り終わり次第、傷がつかないように養生を行います。

 

 

 

綺麗に養生がされました。

 

張っては養生、張っては養生の繰り返しですが、

隅々まで綺麗な施工、綺麗な養生を行っています。

 

次回は造作工事についてお伝えします。

2021.03.15

木工事「断熱編」 相模原IN様邸改装工事

こんにちは。工事部の辺土です。

今回は木工事の断熱工事の様子をお伝え致します。

 

断熱材を入れる作業は、住環境の良し悪しを

左右する重要な作業の一つです。

 

断熱材の入れ方が悪いと隙間が出来てしまい、

特に冬季には、その隙間に室内の温かい空気と

屋外の冷たい空気で温度差が生じ、

結露が起きてしまいます。

 

結露が起きると、

断熱材に水分が付着し、

断熱材が役割を果たさなくなります。

 

そこからは壁面ボードに染みが出始めたり、

カビが発生したりと、不具合しか起きません。

そのため、普段から大工さんには

かなり気を使って施工してもらっています。

 

まずは床から。

 

 

 

根太と根太の間に、隙間なく断熱材を施工します。

これで床下の冷たい空気をしっかり遮断出来ます。

 

 

 

断熱材の上から合板を敷き並べて床下地完了です。

次は壁の断熱材です。

 

 

 

綺麗に土台から梁まで張られています。

 

また、下の写真ですが、

 

 

赤く囲った部分には筋交が入っていますが、

そこも大工さんが断熱材のフィルムを一度剥がし、

中身だけをしっかりと施工して、

フィルムをもう一度全面に張り直しています。

 

このような部位を、

丁寧に施工していくことで

断熱欠損が起こらなくなります。

 

また、ユニットバスが現状維持のため、

ユニットバスの周りの断熱材は入れ替えることができません。

そのため、ユニットバスと接する部屋の間仕切り壁の

なかに断熱材を充填することで、

床下の冷たい空気が壁の中に侵入することを防いでいます。

 

 

 

このような、隙間を埋める施工のことを、

「気流止め」と言って、

リフォームで断熱改修をするときに有効な手法です。

 

 

 

最後に階の天井も隙間なく設置して断熱工事は完了です。

 

隙間なく断熱材を充填できたことで、

家全体が魔法瓶のような状態になりました。

これで、温めた後は冷めにくく、

冷やした後は、温かくなりにくい。

そんな状態になりました。

 

次回は木工事の仕上げ工事の様子をお伝えします。

2021.03.08

木工事「床下地編」 相模原市IN様邸改装工事

こんにちは。工事部の辺土です。

今回は木工事「床下地の様子」をお伝え致します。

現在、弊社の新築現場などでは、

床下の構造材の土台や大引きなどは

910×910の寸法を基準として並べていき、

その上に28mm厚の構造用合板を張ります。

 

 

今回は既存の土台の組み方や、

床の水平を調整するにも精度が取り易い方法をということで、

根太組工法としました。

 

まず、既存の土台を挟むように根太掛けという

役割をする板の全周張ります。

 

 

 

材料が黄色く見えるのは防蟻処理をして頂いた為です。

 

水平をとり、基準の高さにすべて揃えて取り付けます。

この作業で数ミリでもズレると、

床鳴りや、ズレが段々と大きくなる原因となるので、

慎重に進めていきます。

 

 

そのあと、根太を張り進めていきます。

 

そして隙間を断熱材で敷き詰めてから合板を張るのですが、

次回そのことについて触れたいと思います。

 

 

続いて2階の床の下地調整です。

2階の床は既存維持となりますので、

水平を調整するには重ね張りをするしかありません。

毎度、大工さんのレベルの調整力には感心してしまいます。

 

 

 

大工さんは写真の様に、

ベニヤを何十か所と設置し、

薄いベニヤと重ね合わせながら微調整を繰り返し、

水平を綺麗に取っていきます。

 

 

そのあと、ベニヤを張り1階、2階とも

水平のレベル調整が完了です。

2階は重ね貼りなので完全な水平をとるのは、

限界があるのですが、

歩くだけで傾いてしまっているのが

分かるほどだった床の傾きが、

かなりのレベルまで水平に近づけられました。

 

次回は断熱工事をお伝え致します。

2021.03.01

外壁工事 相模原市IN様邸改装工事

こんにちは。工事部の辺土です。

今回は外壁工事の様子をお伝え致します。

 

外壁の仕上げは大きく分けて、

モルタル下地に塗装や左官仕上げを行う方法と、

金属系や窯業系のサイディングを貼り上げていく方法の

2パターンがあります。

 

どちらも一長一短があり、

必ずメンテナンスを行う時期があります。

 

今回は窯業系サイディング

(セメントに繊維質を混ぜ板状にしたもの)

で仕上げ行きます。

 

 

サッシを設置した後、

上から透湿防水シートを張り上げます。

室内からの湿気は外に出ていくのに、

水分が屋外から防水紙に付いても

室内の断熱材に水分が染みないという紙です。

 

この透湿防水シートを如何にしっかりと施工するかが、

雨漏りの室内への侵入を防ぐカギとなります。

 

 

その上から木を張りつけています。

通気胴縁と呼ばれる下地で、

サイディングを留める下地材としての役目と、

外壁材と透湿防水シートとの隙間を設け、

壁内で換気をする空間を作る重要な下地です。

 

 

 

この隙間が屋根まで続き

 

 

軒裏の換気口、または屋根の棟換気まで繋がり、

壁内の湿気がこもらない仕組みを作ります。

 

そこからはサイディングをとにかく張っていきます。

 

 

 

サイディングの板同士の目地も

しっかりコーキングしていきます。

 

また、改修ということもあり電気の引き込み線が

改修前の塗装や汚れが付着しています。

 

 

なので、塗装をして仕上げます。

 

 

ちょうどいい色で合せてもらいました。

あとは換気の為の軒天換気口、破風の板金、

軒裏の塗装をして外壁作業は完了です。

 

 

 

次回は室内の木工事の様子をお伝えします。

2021.02.22

木工事「サッシ設置・床下防湿編」相模原市IN様邸改装工事

こんにちは。工事部の辺土です。

今回はサッシ設置と床下防湿の様子をお伝え致します。

 

構造補強が済んだ後、サッシを取り付けていきます。

 

設置する前に下準備として先張りシートを張ります。

 

 

その後、赤線の用にコーナーに専用の防水シートを張ります。

 

 

そのあと防水シートを踏みつけるように

サッシを設置していきます。

 

 

 

 

この後、外壁屋さんによって

防水紙を全面的に張り進めていきます。

 

続いて室内の床下の防湿処理を行います。

 

 

こちらは床下が土の状態ですので、

季節や天候、気温によって

床下の湿度の状況が大きく変化します。

それが原因で、

床下の断熱材が高い湿気で濡れてしまい

断熱性能が下がってしまったり、

カビを発生させる原因となります。

 

今回は全面にビニールシートを張ることで

地面から出る湿気を抑える方法を行います。

 

 

床を全面的に撤去したから出来る方法です。

 

基礎周り等、シートの端部は防水テープなどで

しっかり固定します。

 

 

全面的に施工して床下の防湿処理は完了です。

次回は外壁工事の様子をお伝え致します。

2021.02.15

木工事「構造補強編」相模原市IN様邸改装工事

こんにちは。工事部の辺土です。

今回は木工事の構造補強の様子をお伝え致します。

 

屋根工事が済んだ後、構造の補強を行いました。

 

こちらの計画では、間仕切り位置の変更などがある為、

柱の移動や撤去、それに伴う梁の追加補強なども行います。

 

 

上の写真の筋交いがある壁の位置に窓を付けます。

 

 

赤い線の柱と筋交いを撤去し、

青い線の所に柱と梁を入れ補強します。

 

 

このような形になります。

 

金物や下地組を行い、

 

 

窓を付ける準備が出来ました。

 

また別の場所では、

 

 

収納スペースの中心に立つ柱があるので、

 

 

柱を撤去し、既存の梁の下に

更に梁を足すことで補強しました。

 

間仕切り壁や窓の位置などを変更するということは、

建物のバランスを崩すことになります。

なので、

社内でプランにあった構造補強計画を行い、

必要な場所にバランスよく筋交いを設置し、

金物で確実に補強していきます。

 

 

 

2階から屋根裏を見上げてみると、

梁の上にある小屋束に、

筋交いがありませんでした。

 

 

 

必要が無いようで、

この補強をするとしないでは、

今後の耐用年数に大きな変化があるはずです。

 

 

全体をキッチリと補強完了しました。

 

次回も引き続き木工事お伝えします。

page top

page top

page top