fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

2019.07.01

バルコニー工事つづき 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

前回に引き続き、バルコニーの工事についてお伝えします。

前回の現場レポートでお伝えしていた床を全て解体して、

梁だけの状態になっているところにバルコニーの床を組んでいきます。

 

 

バルコニーの床を組む際には、勾配をどのように取るかを検討します。

特にリフォームでは既存の梁の掛かり方を見て、スムーズに雨水が

排水口に流れていくように適切な傾きで造ることが重要です。

 

まず雨水が最終的に流れ出ていく排水口の位置を考えますが、

今回は既存の物を利用する為、位置が決まっています。

 

 

次に既存の梁に対して、どのように根太を組むかを検討しますが、

この建物は梁の方向が全て平行ではなく、半分が斜めに交差していました。

 

 

そこで、梁と直行方向にバルコニーの床の根太を組み、

根太と平行に勾配を取って、中央の溝で左右に流すことで、

排水口に雨水が流れていくようにしました。

 

 

 

弊社ではバルコニーの床下地は、ベニアを二重張りにして、

その上にケイカル板を張ります。

次回、ベニアやケイカル板が張り終わったところをお伝えします。

また構造補強の続きについてもお届けしたいと思います。

page top

page top

page top