新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

早川 聡志 2019.03.11

古民家 ~甘草屋敷~

3月に入り、暖かい日が多くなると共に、
弊社でも、マスク姿が増えてきました。
仕事柄、外に出る事が多いので、
花粉症の現場監督たちは、
この時期本当に辛そうです。
私はというと…
花粉どころか、NO,アレルギーの野生児なので、
全然平気!みんなに羨ましがられています。

先月、我家の恒例行事となった、いちご狩りに、
今年は、甲州市の農園まで行って来ました。

ビニールハウスの中は、30℃の真夏日、
娘は、半袖になっていちごを収穫していました。

 

 

皆さん、いちご狩りへは、半袖になれる
服装で行く事をおすすめします!

いちご狩りの後は、雛飾りを見学に、
古民家の甘草屋敷へ行って来ました。

 

甘草屋敷

 

「あまくさやしき」ではありません「かんぞうやしき」です。
漢方薬に使われる生薬の「甘草」です。

 

甘草

 

この、甘草屋敷は、江戸時代に甘草を栽培して、
幕府に収めていた旧高野家のお屋敷で、
国の重要文化財に指定されています。

現在は、銅板に葺き替えられた屋根ですが、
元々は茅葺屋根だったそうです。

この甲州地方独特の切妻造民家の事を
地元で江戸時代から続く工務店の社長は、
福助型古民家と呼んでいるそうです。

形が福助に似ているし、縁起が良いからだそうです。

専門的には、やぐら造りと呼ぶそうですが…
福助型古民家、確かに形が想像しやすいです。

実は、切妻造の古民家は、たいへん珍しいらしく、
この地域が、地形的に大風が吹かない地域なので、
風の抵抗を強く受ける切妻造の民家が造られたようです。

 

 

甲州市の上条地区には、
この福助型古民家が10軒以上現存しているそうです。
今回は、見学に行けませんでしたが、
次の機会には、上条地区まで足を延ばしたいです。

甘草屋敷の中はというと…

 

 

 

 

雛飾りでいっぱいです。
中には、200年前の雛人形までありました。

 

 

こちらは旧高野家の所蔵品

 

 

古民家と雛飾り

 

欄間

 

照明

 

大梁

 

大黒柱

 

大黒柱は、棟まで伸びているそうです。

 

今回は、雛飾りを見学に行ったのですが、
私的には、雛飾りがない時に、
建物自体をゆっくり見学したい!
と、思ってしまいました。

 

最後に、我家の黒猫

 

新しい爪とぎを買って来たのですが、
ベッドになってしまいました。
顔がどこだか分かりますか?

 

早川

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top