新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

2019.07.08

構造補強工事 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

前回の現場レポートでお伝えした

バルコニーの床のベニア張りが終わりました。

 

ケイカル板は、防水工事を行う前に張る予定です。

ケイカル板が張られた様子も今後お伝えします。

 

 

 

今回は、構造補強工事についてお伝えします。

 

バルコニーの床工事を行う前にも、

腐食部分の構造補強についてお伝えしましたが、

その他にも間取りの変更に伴い、

柱を取って開口を広げたり、化粧柱に入れ替える

などの構造補強を行っています。

 

構造補強の流れとしては、

① 解体後に現地で当社技術責任者と、梁の掛かり方や

2階の柱や屋根からの荷重などを検討して、梁の大きさや、

金物の固定の仕方などの補強方法を決めます。

通常は一度の解体検証で終わるのですが、

今回は建物が大きい為、現地で何度も打合せをしました。

 

②必要な材料(柱・梁)を手配して、以前の現場レポートでも

出てきたサポートを使いながら、大工さんが柱・梁を

加工して設置していきます。

 

③指定した金物で、柱や梁をガッチリ固定します。

 

いくつか補強を行ったところをご紹介いたします。

 

 

 

梁を支えている柱を取り外し、梁の下に梁を重ねて

2階の荷重を支えています。

 

引き続き、構造補強の筋違いや金物付けを行っていきますので、

次回はその様子をお伝えしていきます。

page top

page top

page top