新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

2019.08.05

バルコニー大工工事 小田原市IS様邸改装工事

こんにちは。工事部の平です。

前回の現場レポートでお伝えした2階の床組みは、殆ど終わりました。

 

 

 

今回は、バルコニーの下地造りの続きをお伝えします。

以前の現場レポートでバルコニーの下地造りをお伝えしましたが、

木造部分と鉄骨造部分の繋ぎ目について、今回は詳しくお伝えします。

 

この建物の躯体は木造と鉄骨造で、

それぞれの躯体が強固に接合されてなく、

地震時などでは別々の動きをする構造となっていました。

この場合、躯体が別々の動きをしても防水層に

被害が無いように下地を造る必要があります。

 

 

木造、鉄骨造の繋ぎ目で立ち上がりを造り隙間を設けます。

 

 

隙間を開けることで、それぞれが別の動きをしても

対応できるようにしています。

この隙間からの雨水等の侵入を防ぐ為、

今後の防水工事でシート状の防水材で被せていく予定です。

その様子も今後お伝え致します。

 

その後、

バルコニーの床と立ち上がりにケイカル板を貼り、

防水の下地を造ります。

 

 

 

 

今後、もう半分のケイカル板を敷いていきます。

次回は、バルコニーの防水工事についてお伝え致します。

page top

page top

page top