fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

井出 亮太 2021.04.19

イペの経年変化

こんにちは。工事部の井出です。

暖かい日も多くなり、

気持ちのいい季節になってきましたね。

暖かさにつられて、

我が家の“アオダモ”も芽吹いてきました。

 

 

芽吹いてきたなと思って数日。。。

あっという間に新葉と花が広がり、

“紅葉”と一緒にアプローチを彩ってくれていました。

 

 

植栽を植えてから初めての春ですが、毎日、

感じられる変化がとても楽しみで癒されます。

 

さて、そんな玄関先を手入れしていたときの事。

 

イペ材で造った玄関手すりが少し

ささくれている事に気づきました。

 

 

圧倒的な耐久性を持ったイペ材ですが、

風雨や日光に晒されると、やはりワレや

ささくれが起こる事があります。

 

手で触るところなので、

サンドペーパーでサッとやすり掛けを

してあげると手触りが良くなります。

 

 

また経年変化で色が抜けて、

灰色っぽくなってくるのも特徴です。

この玄関先の手すりはちょうど1年前に造ったのですが、

1年で、かなり色が抜けてきました。

 

Before

 

After

 

Before

 

After

 

一方で、同じイペで造った

インナーバルコニーのウッドデッキは、

入居前に造ったので、2年経過していますが、

屋根が架かっているためか、

そこまで大きな色味の変化はありません。

 

Before

 

After

 

やはり雨風や日当たりの良さによって、

経年変化のスピードは違います。

これは外壁やコーキングにも同じ事が言えますので、

軒の深さが外壁の耐用年数に影響するのも頷けます。

 

このペースだとデッキが灰色っぽくなるのは

当分先になりそうですが、玄関手摺りは

あと1年もすれば綺麗な灰色になりそうなので、

気が向いたら塗装してみても良いかなと思っています。

 

息子が産まれてから季節の変化がより楽しくなってきました。

 

草花にも興味を持ち始めてくれたようなので、

家の変化も楽しんでもらえたら良いなと思っています。

 

 

そろそろ5月が近づいてきましたので、

“こいのぼり”にも泳ぎ始めてもらいました。

 

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top