fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

井出 亮太 2016.03.15

ヘリンボーン

こんにちは。工事部の井出です。
徐々に春を感じられるようになり、
気持ちの良い時間が増えてきましたね。

さて今回は、“ヘリンボーン”についてのお話をさせて頂きます。

まず、ヘリンボーンとは。

模様の一種で、
建築業界では、床や壁の材料を張る場合に
採用されることもしばしば。

住宅では、なかなかお目に掛かる事は少なく、
公共建築・商業建築で採用されていることのほうが多く見られます。

先日、二子玉川で買い物をしておりましたら早速、出会えました。

ヘリンボーン1

ヘリンボーン2

張り方ひとつ、かなり存在を主張しておりました。
模様の形が、開きにした魚の骨に似ていることから、
ニシン(herring)の骨(bone)でヘリンボーンと言うそうです。

そんな中、先日、洗面とトイレの2室を、
フロアタイルのヘリンボーン張りで仕上げたお客様がこちら。

ヘリンボーン3

ヘリンボーン4
施工途中、床職人さんが集中して、1枚1枚合わせて
張り進める姿がかっこよかったです!

ヘリンボーン5

その姿に触発され、私もヘリンボーン張りをやりたくなり、
自宅用にタイルで棚を造ってみました!

まず斜めは落とさず、ひたすらにヘリンボーン張りをしました。

150712-085736_R

それから斜めを落として、四方にぐるりとタモの無垢材をまわしました。

150712-211529_R

脚を取り付けて、観葉植物の棚完成です!

150712-212617_R

 

ちゃんと写真を撮っておらず、簡単にお話させて頂きましたが、
これかなり大変でした!(写真を撮り忘れる程に)
職人さんに話を聞いても、かなり手間が掛かるそうで、
住宅で気軽に採用しづらいのは、
コストと手間(工期)による部分もあるのかもしれないな、
と身をもって体験出来た休日でした。

 
井出

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top