fbpx

新築・注文住宅・リフォーム・リノベーションは

湘南・神奈川・横浜の優建築工房

新築・リフォームは湘南・神奈川・横浜の優建築工房 優しい暮らし

スタッフブログ

中込 和之 2019.04.01

住まいを語る ~出窓~

こんにちは。設計の中込です。

前回からの続き、住まいを語る。

 

今回は「出窓」について。

 

出窓は子供の頃、憧れがありました。

洋風な出窓のイメージでしょうか。

少し井桁の格子があって白くて、明るくて、

さわやかな空気が流れ、レースがゆらゆら優しく揺れる、

何よりお部屋が広く感じられる憧れの存在でした。

 

まだ建築の、けの字も知らない時に、漠然とそんな思いもあり、

高校生になり、自室が持てる機会に恵まれ、

窓には出窓を付けてほしいと南側の一番明るい場所に

白い既製品の出窓を付けてもらいました。

そのさわやかなイメージが出窓にはあります。

 

今でも、出窓を度々計画する事があります。

それは効果的と思われた時、外観上も特徴、アクセントにする為、

その住まいの顔として計画する事もあり、内部にとっても特別な場所、

居心地の良いコーナーになりそうな場合に、ご提案し計画します。

 

先日、京都を訪れた時には、日本ならではの和風の出窓を見る事が出来ました。

少しですが、ご紹介させて頂きます。

 

 

繊細な格子のある和の出窓ですね。

これ、一つで住まいの風格が変わります。

 

 

チョコレート屋さんのショーウインドウになっている出窓。

不思議と身体が覗き込みたくなります。

 

 

 

こんな和の風情をもったチョコレートです。

…なぜか二度訪れる事になり、たくさんお買い上げされました。

京都ならではの上手な見せ方ですね。

 

 

写真右側の出窓下を良く見ると、底がないのがわかります。

もしかすると勝手な想像ですが、エアコンの室外機置き場なのかもしれません。

外観を崩さず、現代的な機器を上手に取り入れる方法として

また思い切って全体デザインの中に格子出窓の形を用い、

うまく隠しながら表に出すという大胆で素敵な方法なのかもしれません。

 

子供の頃に思い描いていた出窓とは異なる、和の出窓のあり方も素敵ですね。

 

和のデザインには、今の住まいに失いかけている趣や味や愛着、格式や威厳、

たくさんの物が形以上に、何か詰まっているように感じています。

魅力的で出窓も捨てがたいですね。

 

 

 

お引き渡し済みのおうちの窓際の気持ち良さを

全開に感じるベンチコーナーも気持ちがいいんです。

お気に入りです。

続きは次回。

 

中込

CATEGORY

カテゴリー

PAST BLOG

旧ブログはこちら

ARCHIVE

アーカイブ
優建築工房の季刊誌
page top

page top

page top